Liigaとは

優秀な若手に向けた母集団形成~採用までできる
一気通貫型メディア
Liigaとは
2016年、「世界で通用する人材を育み、未来を創る」というコンセプトで立ち上がった、若手社会人向けキャリアアップ支援サービスです。
当社基幹事業である「外資就活ドットコム」で新卒採用のお手伝いをさせていただいた大学生の方が社会人デビュー後にご利用いただいております。
次世代の経営を担える人材やIPO前の基盤構築、会社や事業の成長を支え推進していける方々の母集団形成から採用までを実現できるメディアです。
外資就活ドットコムとは
学生だけが会員登録できるキャリアプラットフォームです。
志望企業の外資・日系を問わず世界で挑戦したいと考える学生を対象とし、インターンシップ・就職活動を通じた成長環境を提供しており、たくさんの優秀な大学生にご支持いただいております。

Liigaの特徴

Liigaが選ばれる3つの理由
特徴1若手ハイクラス層の集団
特徴2母集団形成からスカウトまでの工程すべてがLiiga上で実施可能
特徴3閲覧ユーザー属性分析によるPDCAの実現

人事の悩み

Liigaを利用している人事担当者は
下記のような課題に悩んでいます。

人事担当者の本音

  • 第1位:ターゲットユーザーにアプローチしきれていない
  • 第2位:ターゲットユーザーに振り向いてもらえない
  • 第3位:もっとカルチャーフィットした人を呼び込みたい
  • 第4位:エージェント経由の採用が多く、採用コストが抑えられない
採用チャネルが多角化しすぎ情報はあふれている一方、
ターゲットユーザーにアプローチできる手法はいまだに限られている実情。

提供サービス

5つのサービス
  • 企業ページの 作成
  • スカウト機能 (通数制限なし)
  • 求人掲載 (通数制限なし)
  • インタビュー 記事の作成
  • キャリアセミナー 集客支援

ご利用者の声

各社が抱えるお悩みを解決します!
ご利用企業様の例「知る」を通じて、選択肢に入る!
外資系企業/日系企業問わず、採用したいターゲットに自社のことを知ってもらわないことには選択肢にすら入りません。グローバルでの人気はあるが日本ではあまり知られていない企業様の場合は、Liigaのインタビュー記事を公開したところ記事を閲覧した候補者様が自らご応募して入社に至っています。
ご利用企業様の例「離脱」を防ぐ!
業界内では不動のポジションを得ていたとして候補者から見える貴社のイメージにより転職活動の選択肢に入っていないというケースは多々あります。特に歴史ある企業様にはよくありがちです。そんな中で欲しいターゲットユーザにとっても魅力的な会社であること、ターゲットユーザーと近しいキャリアの人が活躍している姿など、貴社現状をしっかりと理解してもらうことを通じて、応募前に離脱していたユーザーの獲得が可能になります。
ご利用企業様の例「理解」を深め、採用競合と差別化!
たくさん企業から自社を選んでもらえることの難易度は非常に高い一方、候補者は人事担当者が思っている以上に各社の違いを理解できていない実情があります。
結果として入社はしてもらえたがカルチャーフィットせずに早期離脱。選考には進むが最終的には採用負けしてしまうというケースもあります。
自分たちの工数だけでは発見できない、伝えきれないたくさんの魅力をあえて外部の目からインタビュー化することでユーザーの想起段階から興味を持っていただくことができます。
ご利用企業様の例「関係」を深め、タレントプールを!
採用人数は少ないが採用要件が高い企業様。Liigaの会員は希少性の高い人材が集まっていることから他チャネルではなかなか出会うことが難しいと言われています。
その中で中長期の採用戦略と位置づけLiigaを通して接点を持っていただくことで中長期的に採用の可能性のある方と関係を強化することができます。
ある日突然、採用を強化することになった時にでも関係性を持っておけば慌てる必要はありません。

よくあるご質問

Q費用はどれくらいかかりますか?
A プランによって異なるのでお問い合わせください
Qインタビュー記事の2次利用は可能でしょうか?
A はい、可能です。 FacebookやTwitterなどSNSでの拡散、記事リンクをスカウトメッセージ内に入れることによる候補者の理解促進など、貴社の中途採用全体の質の向上にもご活用いただけます
Q会員の主な居住地、勤務先はどちらですか?
A 首都圏勤務の方がほとんどです
Q男女比はどれくらいですか?
A 男性80%、女性が20%です

お問い合わせ

こちらのフォームは採用をご検討されている企業様向けのフォームになります。 転職をご希望されている個人の方向けではございません。

フォーム問い合わせはこちら

お問い合わせを行う お問い合わせを行う